登録販売者の求人・転職のことならCMEコンサルティングへ/登録販売者の求人・転職なら【CME登録販売者】

登録販売者のお仕事 ドラッグストアや薬局の他、登録販売者の就職先は増えています。これまでの経験や、これからのキャリアを考え、最も自分にあった職場選びをしましょう。登録販売者のお仕事 ドラッグストアや薬局の他、登録販売者の就職先は増えています。これまでの経験や、これからのキャリアを考え、最も自分にあった職場選びをしましょう。

受験を終えて

登録販売者受験へ向けての道を歩む皆さんへのアフロ先生によるサポートブログ。

第12回の今回は、「就活」について、お話をしていく予定でしたが、受験を終えた読者からの質問やコメントが寄せられていますので、それについてお答えしていきたいと思います。「就活」の準備段階として役立つ内容となっています。

 

【合格者の不安】

最近、自己採点をして合格点を取った方の心配ごとが編集部に寄せられました。「自己採点をして合格点だったのに、何を心配など!」と、採点結果がイマイチだった方の中には、そのように思われる方もいらっしゃると思いますが、まずはちょっと読んでみてください。

 

「900人以上の受験生が試験を受けに来ており、合格しても就職できないのではないかという不安があります。今後、登録販売者は飽和状態になることはありませんか。私はまだ研修先も決まっていません。もし法令で2年間の研修をしないといけないことになっていますが、研修先が決まらない場合はどうなりますか?」

 

????という方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、これ、とても多く質問される2つの不安を含んでいます。その2つの不安とは「飽和状態になるのでは?」と「継続研修」についてです。

 

<飽和状態になるのでは?>

まず、第一に飽和状態になるのは考えにくいということをお伝えします。薬剤師も飽和すると言われて20年が経ちました。しかし、まだ飽和していないどころか、まったく足りないという現状です。登録販売者に関しては2009年に誕生した比較的新しい資格でありますし、まだまだ飽和状態になることはありません。飽和状態にならない理由は、登録販売者の主な就職先である調剤薬局やドラッグストアのビジネスモデル(売り上げが成り立つ仕組み)に関係しています。調剤薬局やドラッグストアのような業態は、少し難しいですが、「客単価」×「回転率」で成り立っています。そして、これらは、いろいろな理由から各店舗において、劇的に上げることは不可能で、それぞれの店舗で、ほぼ限界の状態です。そのため、利益を上げるためには、コストを削る必要があります。そのためには、薬剤師ではなく登録販売者が優先されます。また、それも限界に達すると、売り上げを増やしていくためには、新しい店舗を出店するしかありません。ですから、ある程度の規模の調剤薬局やドラッグストア、特に上場している企業は、毎年、計画的に、絶対、必ず、何としても、新しい店舗を出店します。そうすると、人材が新たに必要となります。そして、新しく募集があります。そのため、今のところ、飽和状態になる心配はありません。ただ、「自分の家の近所」のように、限られた領域では、もしかしたら、募集がなくなる可能性は0ではありません。

それより、今は、より好待遇の就職先を探す方に注力しましょう。高待遇の下で働きたいと考えている方は、試験合格後に有資格者の下で2年間の実務経験を経ることで「登録販売者の店舗管理者」として認められます。ここで指す研修先とは就職先を心配しているようですが、実際に、こちらのブログを書いているCMEコンサルティングさんの方にもたくさんの求人が寄せられています。そのような就職先を優先しましょう。

 

<継続研修>

継続研修に関する質問も多く寄せられています。平成24年度から、「登録販売者の外部継続研修」が義務化されているということ原因となっています。それにより、「合格後、研修を受けていないと資格が失効してしまうのではないか」と心配している方、「資格維持にコストがかかるのではないか」と心配している方がいらっしゃいます。でも、心配する必要はありません。そもそも、これは、登録販売者の実務、つまり、実際に就職して、販売業務にかかわっている人に対する義務です。そして、それは、雇っている側が、研修を受けさせなければならないという義務です。ですから、あなたは、就職先が用意してくれる研修を受ければ良いだけです。

 

<もし、残念な結果になってしまった場合は・・・・>

そろそろ、結果も出始めてきています。合格した方がいる反面、残念な結果になった方からも、「今後、どうしたら良いのだ?」という質問が寄せられています。もし、来年も受験する気持ちがあるならば、今から、勉強をスタートすることです。まずは、曖昧なところを復習し、記憶を確実にします。特に、女性は、記憶が上書き保存形式になりがちなので、毎日の生活の出来事が登録販売者の知識に上書きされてしまいます。そのため、できるだけ、早いペースで、今、知っていることを何度も確認して、脳内の長期記憶の場所に保存場所を移しましょう。そうしないと、毎日の忙しい日々のせいで、せっかく勉強したことを忘れてしまいます。今年の点数にもよりますが、10点足りなかった方は、昨年の1.5倍の時間をかけましょう。それは、長期スパンに振り分ければ、1日あたりはたいした時間ではないはずです。20点足りなかったかたは2倍の時間をかけましょう。30点足りなかったかたは、3倍の時間をかけましょう。この辺りまでが来年合格するための現実的な点数ラインかと思います。40点以上、足りなかった方は、再来年の合格を目指して、今からスタートしましょう。

 

いよいよ、今年の試験も大詰めですね!次回は、「就活」についてお話していきます。

 

では、また来月!

 

アフロ先生より。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

出題頻度の高い領域に絞ってあるので、直前対策に最適!

  最短合格! アフロ先生と学ぶ 登録販売者合格テキスト 改訂2版
  最短合格! アフロ先生と解く 登録販売者合格問題集

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

これから登録販売者の資格取得を目指す方にオススメ!

アフロ先生と学ぶ登録販売者

CME@登録販売者 事務局より

アフロ先生が皆様のご質問にお答えします!
本記事に関して・登録販売者資格に関して・その他など、アフロ先生へご質問をお寄せください♪
※質問を多数いただいた場合、全てのご質問にお答えできない場合がございますので予めご了承ください。
 アフロ先生から回答いただいたものは、原則、全てを次月記事の下部に掲載いたしますのでお楽しみに!

アフロ先生に質問しよう!
アフロ先生のプロフィール

岩堀 禎廣(イワホリ ヨシヒロ)

合同会社オクトエル 代表
薬学博士・薬剤師

明治薬科大学大学院博士課程修了後(生薬学)、病院、調剤薬局の薬剤師、医学部の教員を経て、さまざまな医療機関、教育機関の運営や企業経営にかかわる。
日本薬科大学客員准教授、NPO法人オフィス・シヨウ代表理事、一般社団法人健ママ協会副理事長など。
著書、多数。

バックナンバー